単身 2003年 香港(一)

第5回 2003年2月19日(水)〜2月28日(金)

2月19日(水)曇り

目的
香港へはこれで5度目となる。
九龍サイド、香港島サイドの行き来はもちろん、広九鉄道での移動も経験済みなので
ある意味、日本での地理より知ってるかも・・・と言うわけで、歩き馴れた街である。
今回の目的は、香港で2月21日から27日まで開催される武術大会(競技大会目次参照)に
参加することと、師父の生死を確かめること。
師父と私が初めて会ったのは1997年で、以来3度にわたって私は‘楊式’太極拳を教えて
もらいに香港に行っている。(太極拳修業目次参照)
なかなか思うように行けないのと、私の技術不足でついていくのがやっとだったが、
2000年にようやく仕上げることができた。それ以来私は香港に行ってないし、
手紙や年賀状を出しても返事が途絶えていた。師父は今年83歳になる。とにかく心配だった・・・。

新幹線で・・・
成田へは上野まで2時間ほど新幹線、それから京成線で1時間。
前日遅くまで仕事をしていたため、大会参加のための事務局の確認や、出場日程などを
新幹線の中で読もうと思って、資料とメモを取りながら乗っていた。
・・・そして1時間経過・・・「ゲー・・・気持ち悪い・・・」
情けないことに新幹線に酔ってしまったのだ!「うーー、まだ1時間ある・・・気持ち悪いよお・・・」
新幹線に乗って酔う人なんているんだろうか・・・?(笑)

キャセイパシフィック
今回の航空会社はキャセイパシフィック。初めての航空会社だ。
いったいどこの航空会社なのだろう?
搭乗待合ロビーでインド人らしき人に聞いてみた。香港とアメリカの合弁会社なのだそうだ。
機内はガラガラだった。椅子の背もたれにテレビがついている。
香港まで5時間のフライト中に私は中国語字幕の洋画を2本見てしまった・・・。
2本目は現在公開中の「レッド・ドラゴン」
ところが!クライマックスでプツッ!あと10分ほどで終わるという矢先、機内アナウンスが・・・。
「当機はこれから着陸に向けて・・・」
えー!?そんなあ、眠いのこらえて中国語字幕読んで見てきたのに、そりゃないぜー(泣)
ちなみに帰りは3時間のフライト時間だ。映画を見て帰ってきたことは言うまでもない。

蝉さん
代理店の人が送り迎えをしてくれることになっていた。客は私ひとり。
やってきた人は「セミです。ミーンミーン鳴く蝉です」と名のった。
遅れてきて客である私を待たせた上に、ものすごく無愛想だった。
帰国の飛行時間を確認するのも命令口調だったし、「離陸時間は10時です」と言ってるのに
「チケットで確認して」などとほざいてる。そっちの仕事でもあるはずなのに!
聞けば、送迎だけのアルバイトなのだそうだ。
蝉さんは50歳代の男性だが、香港も不景気で仕事がないということだった。
だが、あんたのように愛想がなきゃ、なおさら使われないわよっ!


明日は、大会の手続きとゼッケンを受け取りに‘沙田’へ・・・。







page.033
vol.86