×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





2002年 北京1

第4回 2002年2月28日〜3月6日

「北京の太極拳の友人を訪ねる旅」

新しいパソコン
私は仕事がら否応なくパソコンを使用しなければならない。
ずっと、ノート型を使ってきたが、怪しい動きをしているのをだましだまし使っていた。
(叩いたりなんかして)それに、インターネットのモデムもなくメールでのデータのやりとりもできず、
この高速時代にすっかり取り残されていたのだった。
私本人はそれで別に不便とも感じなかったが、仕事相手はそう思ってくれない。
「新しいパソコン買ったら?」「メールだとものの5分でデータのやりとりができるのに」
と言われ続けていた。CDが使えないのもネックだった。
・・・とまあ、ようやく重たい腰をあげて、2001年11月このデスクトップ型パソコンを購入。

メール(仕事で使う、データのやりとり)が目的だったのだが、「せっかくあるんだから」というわけで
インターネットで中国にアクセスしない方はない。中国語ソフトも苦労の末インストールした。
本場中国の太極拳サイトは豊富である。私は早速ふたつのサイトの拳友に登録した。
すると早速、メールをくれた人がいたのです・・・北京の人だった。
私は2月末に北京に行くことを決めていたので、とんとん拍子に話が進み、
北京で会うことの段取りが決まった。
「インターネットって本当に世界が広がるんだな・・・」と実感。

日本では出会い系サイトでの事件も多くなっているので、一抹の不安があるにはあったが、
文面からしてそう悪そうな印象もないし、太極拳してる人なんだし(太極拳が好きな人に
悪人はいない?)と、心配よりも知り合えたことの喜びの方が勝っていた。
このことを友人に話したところ、「それは危険だ!それは間違いなく売り飛ばされるか、
殺されるかのどちらかで、中国では体のパーツごとバラバラにされて売られるんだ」と脅された。
「(売り飛ばされるって・・・無償の臓器提供かよ・・・)」
こうまで言われては、いくらノー天気な私でもビビる。
「私が予定の日に北京から帰ってこなかったら、警察に知らせて捜索してもらって!」と
犯行日時(北京での待ち合わせ時間と場所)を知らせておいた。
こうして、ひとり北京に発った私なのでした・・・

本来の目的
今回の旅行は2000年3月に北京に行った際、一緒に太極拳をした3人に会いに行くことが
本来の目的だった。名前も住所もわからない。
だから行くしかないと、ずっと気になっていたのです。(2000年北京参照)
今回は旅行といっても、飛行機チケットと素泊まりのホテルだけで、観光は一切ありません。
これといった予定もなく、はじめから太極拳三昧で過ごそうと思っていたのです。
朝は2000年の人たちと、その後はインターネットの人と・・・理想的な気ままな太極拳三昧旅です。
北京の冬は寒いと聞いていたので、お土産に手袋を3人分色違いの‘おそろい’で用意した。
「これをはめて太極拳するぞー」と、早くも再会したい気持ちでいっぱいの私。
早いもので、あれから2年経ってしまった。これ以上延ばせない・・・

ファーストクラス
航空会社のカウンターでチェックインしようとしたら、エコノミーが満席なので、あと6時間待てば、
大連経由のファーストクラスを用意します、と勧められた。
ファーストクラスは魅力的だが6時間も待つなんてイヤだ!
「すぐ行きたいので・・・」と言って、予定の飛行機で行きたいと交渉した。
ところが、「お客様、大変申し訳ありません。やはりエコノミーが満席ですのでファーストで
用意させていただきます。よろしいですか?」と言うではないか。
よろしいですかもなにも、予定通り乗れて、しかもファーストなら言うことないじゃないの。
「・・・そうですか、構いませんけど」と、勿体つけて言うものの、内心ウハウハ状態だった。
ファーストクラスなんて初めてだし、一生乗れないと諦めていたシートである。
私は嬉しさのあまり母に電話したほどだった。「幸先いいぞー♪」

機内のファーストクラスは快適そのものだった。これじゃ、エコノミーに戻りたくないのも無理はない。
座席は広々、両サイド肘掛付、足置きがある。これは楽チン!
私は窓側だったのでおまけに袖棚まであった・・・スリッパまである。
(エコノミー用に持参してきていた・・・)
食事は、陶器の食器、テーブルクロス付でフルコース。(トレーでの銀紙ホイルは見あたらない)
スチュワーデスさんも8人位に一人ついているので、そりゃもう至れり尽くせり・・・。
北京まではせいぜい5時間ほどだが、ヨーロッパまでともなれば10時間を越える飛行時間になる。
そうなると、だんぜん疲れに差が出るというもの。
ファーストは快適そのもの♪これならどこまでも行けそう・・・。

北京空港
北京空港は今回またもグレードアップしていた。
1994年の面影など、どこを探しても見つけられない。
迎えに来た現地旅行社の‘厳剛’さん(名字、名前ともに強そう・・・)は、大学を卒業したての青年。
どこをどうみても1994年、1997年のガイドさんとは、同じような青年でも似ても似つかない。
ソフトな面持ち、背が高く、スマートで利発そう、生活に困っていないせいか、おっとりした感じ。
何年か前に出会った中国の青年とは違うイメージが漂う。
少し前まではどこか、緊迫した緊張感を漂わせていたものである。
「これから、自分たちは中国を発展させて、豊かになるんだ!」という気迫が感じられた。
厳さんにはそういった、せっぱつまった上昇志向は感じられない。
中国の学生はとにかく勤勉だから、その頭脳で、こういった若者がリードして行くんだろう、
とも感じたが・・・。
私が厳さんと会うのは出迎えてくれた今日と、最終日飛行場まで送ってくれる時だけ。
車の中で、雑談していたら、彼は南京生まれ。大学での卒論は「日本の戦国思想」だったそうで、
「好きな武将はだあれ?」という私の質問に、「武田信玄!」と答えた。
「日本には行ったことあるの?」「はい、九州に行きました」「武田信玄といえば長野県よ?」
「はい、でも次回は北海道に行きたいです」「なぜ?長野を飛ばして北海道?」「かにが・・・」
「へっ?」「蟹が食べたいです」と・・・。

「呂松園賓館」

 フロント。スタッフはみんなフランス語が堪能です
でも、日本語はできません。フロントには、はいつもお世話になったお姉さんもいたのだが、
制服(中国カラーの上着)を着ていないから、と隠れてしまった


今回のお宿は、ツアー中一番値段の安いところにした。どうせ私一人だし寝られればそれでいい。
ところが、これがすっごくよかった。なにがって、アンティーク調で、クラシック。木造・・・。
四合院(北京の昔の集合住宅)を改造したホテルです。
そのことは承知の上で申し込んだのだのだけれど、これほどまでに好いとは(驚!)
「いいじゃないー、あらあら・・・すてきー♪」と、部屋の写真を撮りまくる私でした・・・。

フロントのたたずまいからして素敵だった。アンティークで木の温もり・・・今までの中で一番好い。
私の部屋は、階段上がってすぐの501号室。全てが杢調。いいわあ♪

昔の住まいを改造して小さく区切ったらしく、部屋の中に不思議なドアがあった。
「物入れかな?」と開けてみたら、半畳ほどの空間、「やっぱり物入れだ・・・」
でも、その向こうにもまたドアがあった。二重になってるのだ。
「なんだろ?・・・開いた!えっ!そんな・・・!」あけてびっくり!
そこはなんと隣の部屋だったのだ!誰もいなかったが、スーツケースがふたつ置いてある・・・。
無用心だなあ・・・、いや待てよ?・・・てことは向こうの部屋からも、こっちに入って
来れるじゃないか!?
しっかりカギを閉めたのは言うまでもありません・・・。
留守だったからよかったものの・・・鉢合わせじゃかなわないよ。

ベッドは正方形。板なので硬い、腰痛持ちの私にはうってつけだった。

 正方形のベッド(ダブル)「どっちが頭だ?」
綿の布団もついていて、寒がりの私にはありがたい・・・


 黒の電話もアンティーク。茶器もコップじゃないよ!

浴槽もいい!二段になっていて尻おきがあるのだ!こんなんはじめて見た
半分が深くなっているので、肩まで浸れる

 杢のドア、ガラス瓶に入ってるシャンプー類

 浴槽。片方深くなっている


お客は30人で満室になりそうな小さいホテルである。私以外に日本人はいなさそうだった。
フロントに下りていくと、いつもフランス語の会話が聞こえたので、ヨーロッパのお客さんが
大半のようだ。スタッフもみんな親切でしっかりしている。

 喫茶室


フロントに明日のモーニングコールを頼む。AM5:30起床だ。
明日会えるといいな・・・さあ、寝るか。


北京2につづく





page.015
vol.41